人気ブログランキング |

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暑さ対策

ここ数日、いつも吹いていた強風がやみ一気に真夏日となりました。
連日の30度近くの気温は、それまでの寒さをふっ飛ばしワンコも人間も気温差で参ってしまいました。

ちんころハウスも今まで放置していた荒れ地と化していた庭も、遂に土を入れ替え木を植えました。
重機の扱えるちんころ父!!ありがとう!いい旦那を持ったよ053.gif


取りあえず植えたものの、完成予想図まで程遠いまま相変わらずのクローバーとタンポポ畑となっています。
でも、庭に緑が入るとそれだけで庭らしくなるものですね。
ちんころ母が目指すのは雑木の庭デス!
すぐ裏が山なので、自然に溶け込むような感じに仕上がればいいなぁ016.gifと思っています。

この数日の暑さや、これからやってくる真夏日も木の木陰で遮ってくれれば・・
その木の下でワンコ達が涼んでいる姿(数年後になりそうですが)を想像しながら、配置し植えた訳ですが!
造園屋にお願いするとン十万円もするので、車に積める位の高さの木を買ってはせっせと植えているので、この木の木陰で休めるまで成長してくれるのは何年後??って感じです。。。

by chincorohouse | 2011-05-21 17:00

怖さ

前回、書いたちんころ長男の入院の事ですが、
沢山の方からのご心配のお言葉を頂きました。
詳しく書くと鼻腔が狭く、また、アデノイドが大き過ぎるのでこの2ヶ所を切除する手術だそうです。
成長と共に鼻腔の狭い所も広がるかもしれない。
アデノイドもいずれ小さくなるかもしれない。
なので、手術をしなくてもいいと言われてもいます。

ただ、寝ている時に気道を塞いでしまい無呼吸になってしまうのです。
本人も苦しくて夜何度も目を覚ましているし、成長期の時期に無呼吸でいいのか・・。
と、何年も悩んでいました。
そこで、手術に踏み切ったのです。。。が。。。

先日、手術前検査(入院・手術の説明)を受けに行って来たのですが、
子どももその雰囲気でビビっていましたが、ちんころ母、おそらく本人よりもビビってしまいました。
手術は全身麻酔で、時間は20分程度で、出血も少量だとか、難しい手術ではないとか・・そんな内容です。
よくやる手術だそうです。
子どもの場合、全身麻酔の方が危険もなく、恐怖もなく、ストレスもなく安全だから・・と、看護婦さんは説明してくれたのですが、100%安心安全ではない・・とのこと。

帰宅後、ちんころ父にも説明をしたら
「万が一なにかあっても後悔しないんだね」と、釘をさされ・・。
そうでなくてもドキドキしていた ちんころ母は一気にビビり度120%!!!

正直、怖いです。
きっと簡単な手術なんでしょうけど、怖いです。
手術が終わるまでず~~~とビビってると思います。

ワンコ達もちょっとでも様子がおかしかったら獣医さんに行きましょう!!
様子を見て~なんてやってるよりも、心配しているよりも直ぐに行きましょう!

by chincorohouse | 2011-05-14 13:18

春になると・・・

春になると待ってました!
とばかりに草も生え、虫も出てきて、それと同時に警察の白バイも出て来ます。
秋~冬は寒いからか、バイクは危険だからか???ですが警察の方も冬眠に入り、暖かくなった芽吹きの時期になると毎日のように出て来ます。

ちんころハウスの目の前を通る国道254号線は、獲物を捕まえるには格好の場所なのか白バイが蜘蛛のように隠れています。
そして団体さんは捕まえません。
単体で走っているバイク、女の人が運転している車・・等を捕まえています。
(そういう ちんころ母も過去に一度だけスピード違反で捕まりました)

でも、警察の方もお仕事でやっているので怨んではいけません。
皆さんが個々に気をつけましょう。
警察の方もお仕事です。
出没時間は朝8時15分~夕方5時までです。
春~秋までです。

皆さんの安全の為、事故が起こらないように注意するのが警察の仕事なら、トラックが凄いスピードで走る夜や冬も見守って欲しいと思ったりしています。

by chincorohouse | 2011-05-07 14:47

臨時休業 

5月に入り、新学期も落ち着いてきて行事やその他モロモロが多くなってきました。
それに伴い、ちんころ母の不在も多くなり留守をする機会が多くなっています。
ちんころ父は通常通り、ワンコと共にいます。

それと、ちんころ長男の鼻と喉が調子が悪く、悩んだのですが来年度からの小学校のこともあり入院、手術をする事になりました。
5月24日(火)~28日(土) ちんころ母、病院にて子どもの付き添い入院となりますので完全休業とさせていただきます。
今、お受けしている子のお引き渡し時には一時帰宅しますが、それ以外はちんころ父が対応とさせていただきますので宜しくお願い致します。

by chincorohouse | 2011-05-06 14:34

笑い話

食後にかしわ餅を食べていると、
「やっぱり、この葉っぱって苦手だなぁ」と、ちんころ父がボソッとつぶやきました。
「??なんで??」と、ちんころ母。
まさか・・・。
「これ、かしわ餅なんだけど。。」
「え?!桜餅じゃないの?どうりで固い葉っぱだと思った!」

桜餅は桜の葉っぱの塩漬けだし、匂いも固さも味も全然違うし。。。
久しぶりに笑い転げた瞬間でした041.gif041.gif041.gif041.gif

by chincorohouse | 2011-05-04 00:17

本当のところ・・・。

ちょっと前にテレビのCMで
「トイレットペーパーがないから持ってきて・・」
「子どもが泣きやまないのよ・・」
などの実際にあった救急車の要請の内容だそうです。

それと同じですが、童話の中でも「オオカミ少年」という話があります。
オオカミがきたぞ~!と村人に嘘をつき、慌てふためく姿を見て大笑いする少年。
それを繰り返している内に本当にオオカミが来た時、村人は「どうせ嘘だから」と、少年を相手にしませんでした。
少年は信じてもらえず食べられてしまいました。

どちらも本当に必要な時に必要な人がいないのです。

それでも人間は助けを呼べます。
でも、動物はどうでしょう?
東北地域でも沢山のペットや家畜が餓死しました。
震災1ヵ月以上経ちやっとペットは保護され始めました。
家畜に至っては、なんとか生き延びた子は薬品で安楽死されました。
頑張って生き残った先も死です。
同じ生き物を扱っている私達にとって、もし自分のワンコが・・と思うと他人ごとではありません。

本当に助けが必要な時、動物達には救急車もなにもありません。
ちんころハウスは獣医でもなく、何もできません。
でも、電話がかかってくると夜でも早朝でも取ってしまいます。
抱っこしていて落とした。
突然吐いた・・。
様子がおかしい。

夜、電話に出てくれる獣医さんが少ないのです。
それで困ってちんころハウスに電話をしてくるのです。
私達も自分の所で生まれ育った子達ですし、話を聞き又は様子を見て
朝まで待ってて獣医さんに行っても大丈夫、獣医さんに行かなくても大丈夫。
すぐにどこかの獣医さんに行って診てもらった方がいい。

でも、ごめんなさい。ちんころハウスはこれしか出来ないのです。
そして、ごめんなさい。飼い主様から見て心配なのは分かりますが
これ位は大丈夫かな?と思う感じであれば夜9時~朝7時のお電話は控えて頂けるとありがたいです。
逆にこれは朝までこのまま家にいたら危ない!と、飼い主様が思うのなら行きつけの獣医にこだわらず、電話帳に載っている獣医さんに片っぱしから電話して診察を取りつけて下さい。
時間が遅いから朝の診療時間まで待って・・とやっている場合ではないのです。

だけど、絶対にオオカミ少年になってはいけません。
せっかく診てくれる獣医さんも診てくれなくなる可能性があります。
ちんころハウスも今は何時でも電話に出ますので、頼ってきてくれても構いません。利用して下さい。
ただ、軽い事で深夜~早朝の電話が続くと閉口します。
将来的に電話を出なくなる可能性もあります。
生き物を扱っているので仕方ないと思いますが、幼い子どももいます。
そして、私達は話を聞く事しか出来ません。
でも、必要とするならば私達は側にいます。

by chincorohouse | 2011-05-01 23:32 | 営業時間