人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本当のところ・・・。

ちょっと前にテレビのCMで
「トイレットペーパーがないから持ってきて・・」
「子どもが泣きやまないのよ・・」
などの実際にあった救急車の要請の内容だそうです。

それと同じですが、童話の中でも「オオカミ少年」という話があります。
オオカミがきたぞ~!と村人に嘘をつき、慌てふためく姿を見て大笑いする少年。
それを繰り返している内に本当にオオカミが来た時、村人は「どうせ嘘だから」と、少年を相手にしませんでした。
少年は信じてもらえず食べられてしまいました。

どちらも本当に必要な時に必要な人がいないのです。

それでも人間は助けを呼べます。
でも、動物はどうでしょう?
東北地域でも沢山のペットや家畜が餓死しました。
震災1ヵ月以上経ちやっとペットは保護され始めました。
家畜に至っては、なんとか生き延びた子は薬品で安楽死されました。
頑張って生き残った先も死です。
同じ生き物を扱っている私達にとって、もし自分のワンコが・・と思うと他人ごとではありません。

本当に助けが必要な時、動物達には救急車もなにもありません。
ちんころハウスは獣医でもなく、何もできません。
でも、電話がかかってくると夜でも早朝でも取ってしまいます。
抱っこしていて落とした。
突然吐いた・・。
様子がおかしい。

夜、電話に出てくれる獣医さんが少ないのです。
それで困ってちんころハウスに電話をしてくるのです。
私達も自分の所で生まれ育った子達ですし、話を聞き又は様子を見て
朝まで待ってて獣医さんに行っても大丈夫、獣医さんに行かなくても大丈夫。
すぐにどこかの獣医さんに行って診てもらった方がいい。

でも、ごめんなさい。ちんころハウスはこれしか出来ないのです。
そして、ごめんなさい。飼い主様から見て心配なのは分かりますが
これ位は大丈夫かな?と思う感じであれば夜9時~朝7時のお電話は控えて頂けるとありがたいです。
逆にこれは朝までこのまま家にいたら危ない!と、飼い主様が思うのなら行きつけの獣医にこだわらず、電話帳に載っている獣医さんに片っぱしから電話して診察を取りつけて下さい。
時間が遅いから朝の診療時間まで待って・・とやっている場合ではないのです。

だけど、絶対にオオカミ少年になってはいけません。
せっかく診てくれる獣医さんも診てくれなくなる可能性があります。
ちんころハウスも今は何時でも電話に出ますので、頼ってきてくれても構いません。利用して下さい。
ただ、軽い事で深夜~早朝の電話が続くと閉口します。
将来的に電話を出なくなる可能性もあります。
生き物を扱っているので仕方ないと思いますが、幼い子どももいます。
そして、私達は話を聞く事しか出来ません。
でも、必要とするならば私達は側にいます。

by chincorohouse | 2011-05-01 23:32 | 営業時間